学習コラム

正しく学ぶ方法や成績の伸ばし方、
不登校に悩まれている方のための
情報を発信しています。

PR

岩手にあるフリースクール7選!1日の過ごし方や選ぶポイントを解説します

不登校

2024/01/05

年々、岩手県の不登校の児童生徒の数は増加の傾向にあります。それにともない、学校以外の学びの場所であるフリースクールも増えてきました。

寄り添ったり共感したりしてくれる大人や、同じ悩みを共有できる仲間がいる場所は、不登校の子どもたちにとって大切な居場所になります。しかし、お子さまにとって安心できる場所を探そうと思っても、岩手県にはどんなフリースクールがあるかわからず、お困りの保護者様もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では「フリースクールでは何をして過ごしているの?」「選ぶときのポイントは?」と疑問を持っている保護者様のために、岩手県にあるフリースクールをご紹介します。

サブスタバナー

サブスタは無学年式のオンライン教材を、プロが作成する学習計画にそって進めていく新世代の勉強法です。自宅で行えば「出席扱い」にもなるため、内申点対策や自己肯定感UPにもつながります。不登校中の学習のお悩みをサブスタが徹底サポートします!

岩手にあるフリースクールの1日の過ごし方

岩手にあるフリースクールの1日の過ごし方

フリースクールとは、何らかのきっかけがあって学校へ行けなくなったり、行かない選択をしたりする子どもたちが学校の代わりに過ごす場所です。NPO法人やボランティア団体、個人経営などによって運営されており、公的な教育機関ではありません。

ですので、文科省が定めている「学習指導要領」に沿ったカリキュラムはなく、子どもたちの主体性に合わせた学習が行われています。ここでは、フリースクールの1日の過ごし方を解説します。

フリースクールの問題点については、以下の記事で解説していますので参考にしてください。

フリースクールの問題点は?不登校児が後悔しないためにデメリットを調査!

①登校時間

登校時間は決まっておらず、始業時間も遅めです。9:30〜10:00の間に登校する子どもたちもいれば、お昼前に登校する子どももいます。それぞれの体調や生活リズムに合わせているので、決まった登校時間もなければ遅刻という概念もありません

②お昼ご飯

フリースクールの多くは、給食がありません。お昼ご飯にお弁当を持参したり、買いに出かけたりとさまざまです。また、フリースクールで子どもたちとスタッフが一緒にお昼ご飯を作る場合もあります。

お昼ご飯を作るのは、受験勉強などに直接役立つものではありません。しかし、料理を通して子どもたちの好奇心や自立心は育まれるでしょう。

③カリキュラム

本来、学校教育の場には「学習指導要領」があり、ある程度均一な学力を保てるように国がカリキュラムを編成しています。しかし、フリースクールは、子どもたちの要望を聞いて、独自のカリキュラムを作成しているところが多く、学力の維持は重視していません。

「何を学ぶか」「何をするか」をスタッフと相談しながら自分たちで決めて、時間割を作ります。また、決まった時間割から自分が学びたい授業に参加する形式にしているスクールもあります。体験学習などが多いのもフリースクールの特徴といえるでしょう。

岩手にあるフリースクールを選ぶポイント

岩手にあるフリースクールを選ぶポイント

フリースクールといっても、それぞれ特徴があり、その方針や活動はさまざまです。学習のサポートを専門にして復学を目指すスクールもあれば、子どもたちが自分の進む道を自ら選択できるようにサポートしているスクールもあります。

では、数ある県のフリースクールのなかから、どうやって選べばいいのでしょうか。ここでは、お子さまに合ったフリースクールを選ぶときのポイントをお伝えします。

フリースクールの費用については、以下の記事でくわしく解説していますので参考にしてください。

フリースクールの費用は高い?補助金の現状について詳しく解説します

ポイント①:資料請求

まず、自宅から通えそうな範囲にあるフリースクールを調べます。フリースクールのホームページを見れば、スクールの理念や特徴などほとんどの情報がわかるでしょう。しかし、入会金や、授業料などはホームページに掲載されていない場合もあります。

以下の項目以外にも、あいまいな部分や、知りたい情報がなければ問い合わせして確認しましょう。

  • 不登校専門スタッフの有無
  • 1日のスケジュール
  • 年間を通してどのようなイベントがあるか
  • 地域の学校と連携しているか(出席扱い制度が利用できるか)

気になるフリースクールが見つかれば、電話で問い合わせたり資料請求したりして、特徴などを比較してください。

ポイント②:面談

ホームページで調べたり資料請求したりして、気になるフリースクールを選んだら、次はスクールのスタッフと面談します。オンラインで行う面談よりも、直接訪問してスタッフと話をする方をおすすめします。

なぜなら、スクール内の施設や子どもたちの様子を保護者様自身の目で確認できるからです。

フリースクールの雰囲気がお子さまに合っているかを見るのはもちろん、スタッフが子どもたちに対して、どのように接しているかは確認しておきたいポイントです。

ポイント③:体験

フリースクールを選ぶときに最も重要なのは、お子さま自身が行きたいと思うかどうかです。「お子さまにとって安心安全と思える場所か」「楽しく前向きに過ごせそうか」などを見極めなければなりません。

そのためには、お子さまがフリースクールでの過ごし方を体験して決めるのが望ましいでしょう。

ホームページやパンフレットを見ていても、実際に体験すると見方が変わる場合もあります。ぜひ、お子さまにフリースクールの体験入学を提案してください。

ポイント④:お子さまの気持ち

面談や体験入学をして、お子さまに合ったフリースクールを見つけても、行くか行かないかを決めるのはお子さまです。保護者様がお子さまの気持ちや行動をコントロールしないように気をつけましょう。元気な様子であっても、まだ外に出るエネルギーは貯まっていないかもしれません。

保護者様は、お子さまの不登校の期間が長ければ長いほど不安になるものです。しかし、学校へ行かないからといってフリースクールへ行かせるのは見当違いです。お子さまの気持ちに寄り添って、自ら動き出したときに最善のサポートをするように心がけてください

サブスタバナー

サブスタは無学年式のオンライン教材を、プロが作成する学習計画にそって進めていく新世代の勉強法です。自宅で行えば「出席扱い」にもなるため、内申点対策や自己肯定感UPにもつながります。不登校中の学習のお悩みをサブスタが徹底サポートします!

岩手のフリースクール7選!

岩手のフリースクール7選!

児童生徒が主体の教育が特徴であるフリースクールは、新しい学びの場所として注目されています。不登校のお子さまだけでなく、学校が辛い場所になっているお子さまがいるご家庭でも、フリースクールに興味を持つ保護者様は多いのではないでしょうか。

ここからは、フリースクールに関心のある保護者様のために、岩手県にあるフリースクールを厳選してご紹介します。ぜひ参考にして、見学などを検討してください。

①YUME School 盛岡校

YUME School 盛岡校

YUME Schoolは、さまざまな理由で学校生活が難しくなったけれど、これから頑張っていきたいと思っているお子さまをサポートする学校です。発達特性を知るための心理検査も実施しています。

電話019-601-7907
住所岩手県盛岡市盛岡駅前通2-30 D’グランフォート盛岡駅前タワーズ102
地図
対象小中学生
費用HPにて問い合わせ
HPhttps://school.yume.support/

②盛岡ユースセンター

盛岡ユースセンター

盛岡ユースセンターでは、小中学生のお子さま対象のフリースクールのほか、通信制高校の学習サポートや高卒認定資格のサポートも行っています。一人一人の状態に合わせたオーダーメイドの学習が特長です。

電話019-681-7070
住所岩手県盛岡市大通3丁目1-23 クリエイトビル3階
地図
対象小中高生
費用HPにて問い合わせ
HPhttps://www.morioka-youthcenter.com/

③花鶏学苑

花鶏学苑

花鶏学苑は、さまざまな事情で学校生活や社会生活に馴染めないお子さまを支援するフリースクールです。自分の興味に合わせて自由に活動できる中等部と、通信制高校のサポートを行う高等部があります。

電話0193-65-8535
住所岩手県宮古市神田沢町1−6
地図
対象中高生
費用中等部
基本コース学費 28,000円~/月
ICT聴講生コース学費 8,000円~/月

高等部
入学金 30,000円
初年度学費 440,000円/月
次年度以降 410,000円/月
HPhttps://atori-gakuen.com/

④まなびクラブ

まなびクラブ

まなびクラブのいきいきフリースクールコースでは、在籍校への登校が困難な児童・生徒様の自信を取り戻すお手伝いをしています。学習やイベント活動などを通して、スムーズな学校復帰をサポート。

電話0120-834-259
住所大船渡教室:岩手県大船渡市盛町字町9-27-2F
陸前高田教室:岩手県陸前高田市米崎町字松峰62-1-2F
地図【大船渡教室】


【陸前高田教室】
対象小中学生
費用会費 30,000円
2DAYSスタイル サポート費 21,000円/月
5DAYSスタイル サポート費 42,000円/月
教育振興費 31,500円/半期
HPhttp://www.kousotu.jp/manabi/01/

⑤お昼の寺子屋

お昼の寺子屋

NPO法人未来の扉では、不登校支援として「お昼の寺子屋」を開いており、生活リズムを整えたり気持ちを切り替えたりするために午前中2時間程度の利用ができます。創作やボードゲームなどの活動が可能です。

電話非公開
住所岩手県北上市大通1-3-1 北上市生涯学習センター
地図
対象小中高生
費用入会金 なし
利用料 1回 500円
※そのほか、制作等を希望する場合は実費負担
HPhttps://mirainotobira.com/

⑥ぐるぐるの森

ぐるぐるの森

ぐるぐるの森は、不登校や不登校傾向のお子さまの居場所や学習支援を行うティールエッセンススクールです。不登校に限らず、さまざまな人たちが学べる場所としています。お子さまの支援のため、学校とご家庭の橋渡しも可能です。

電話019-601-3990
住所岩手県盛岡市上堂1丁目18-30
地図
対象小中学生
費用入会金 5,500円

【小学生】
学費・教材費 28,380円/月

【中学生】
学費・教材費 22,300円~35,000円/月
HPhttps://guruguruno.com/

⑦こといろ

こといろ

こといろは、自己肯定感を育むことを大切にしているフリースクールです。時間割や活動内容は話し合いで決めており、お子さまたちが主体的に活動できる学びの場を提供しています。

電話019-672-2542
住所岩手県紫波郡紫波町日詰下丸森130 認定こども園 ひかりの子
地図
対象小学生~18歳
費用HPにて問い合わせ
HPhttps://www.hikarinoko-hizume.ed.jp/

岩手のフリースクールに通えないときは?

岩手のフリースクールに通えないときは?

ここまで、岩手県のフリースクールを厳選してご紹介しました。フリースクールは、自宅からのアクセスや費用面の問題などを考えると、利用が難しいと感じるお子さまや保護者様も多いのではないでしょうか。

しかし、フリースクールに通えなくても、近年は自宅で学習できるオンライン教材も充実して、お子さまが学習するための選択肢の幅は広がっています。

また、フリースクールと同等のメリットとして、不登校のお子さま向けに出席扱いの制度があるサービスも利用できます。自宅でのオンライン学習は、勉強の後れを取り戻したり出席日数を確保したり不登校のお子さまと保護者様にとって安心できるサービスといえるでしょう。

小・中学生を対象としたサブスタもその一つで、不登校のお子さまも安心して利用できます。自宅学習であれば、通学距離などを気にする必要もありません。また、多くの場合、フリースクールを利用するよりもコストはかかりません。不登校=フリースクールと決めつけるのではなく、さまざまな選択肢を探ってみるのもいいでしょう。

まとめ

岩手県

年々、不登校の児童生徒の数が増えるなか、岩手県にもフリースクールが少しずつ増えてきています。この記事では、フリースクールの概要をお伝えし、岩手県にあるフリースクールをいくつか紹介しました。

岩手県のフリースクールの特徴はさまざまで、学校復帰を目標にしているところもあれば、体験学習を多く取り入れているところもあります。ぜひ、1歩踏み出そうとするお子さまと一緒に、お子さまに合ったフリースクールを探してください。

サブスタバナー

こんなお悩みありませんか?

「不登校が続いて勉強の遅れが心配…」

「勉強をどこから始めていいか分からない…」

「出席日数が少なくて進路が心配…」

「本人が塾や家庭教師を嫌がる…」

サブスタなら、不登校中のお勉強の悩みを解決できます!

サブスタは無学年式のオンライン教材を、プロが作成する学習計画にそって進めていく新世代の勉強法です。

  • おうち学習が出席扱いに
  • 勉強遅れを取り戻す最短カリキュラムを作成
  • 1日20~30分の学習からOK
  • 勉強習慣が身に付く

自宅で行えば「出席扱い」にもなるため、内申点対策や自己肯定感UPにもつながります。

14日間の無料体験ができる機会も用意しておりますので、ぜひこの機会にお試しください!

監修

サブスタ代表

森岡峻平

もりおか・しゅんぺい。株式会社lean earns代表取締役。学習アドバイザー、不登校カウンセラー。
2011年、家庭教師派遣事業を展開する教育系グループの営業責任者に就任し、3年間従事。2015年に教育ベンチャーを起業して以来、一貫して小・中学生向けICT教材の企画・開発に携わり、無学年式のオンライン学習教材「サブスタ」を開発。
また、昨今不登校生が増え続ける中、全国の通信制高校と連携し、サブスタを通じて出席扱い制度普及の活動を行っている。

この記事を読んでいる人は
こちらの記事も読んでいます

ブログ一覧へ戻る